業務内容

病院、福祉施設の塗り替え

集客力を高めたい。患者様、利用者様の安らぐ空間を演出したい。
「昔からある古い病院、施設」というイメージを刷新したい。
塗装ならではの外観の演出、またインテリアデザインを提供します。

全患者様、利用者様に満足して頂くのに膨大な費用は必要ありません

コストパフォーマンス

医療施設はその性質上、屋内外全体を一度に改修するというのはほぼ不可能です。

まずはイメージアップのため玄関、エントランスから始まり、エントランスホール、待合室、受付へと順次改修計画をたてていきます。休診時間、休診日を利用した工事を行う事によって患者様、利用者様、スタッフの皆様にご負担を掛けない工事を行う事ができます。

収機能面・安全面に配慮したリフォームの力で価値ある空間を創り出す

医療や福祉は人相手である以上、少なからずサービス業の側面があり、ホスピタリティ(おもてなし)はとても重要です。

施設の利用者様は医院側の「おもてなし」を自ずと感じ取り、安心、信頼してご利用いただけるものと考えます。

医院や施設の稼働を妨げず、工事期間中に起こりうる収益低下リスクをできるだけ抑制する計画が必要です。

すべてにおいて安心、安全性が求められるのが医療施設です。
患者様、利用者様、スタッフの皆様にできるだけご負担を掛けない工事計画をご提供致します。

親しみや安らぎを感じるデザインを

外観の色やデザインは、病院や施設の理念やコンセプトを反映させ、また景観に調和させる必要があります。

屋内は患者様、利用者様が過ごしやすいだけでなく、スタッフが働きやすいデザイン、動線づくりが求められます。

病院、福祉施設の場合、建物の美観の向上(イメージアップ)、保護の観点から考えるとまずは外観の見直しが優先されると考えます。

次にエントランスホールから通路、待合室までの動線部分の改修計画をたてていきます。もちろん塗装だけではなく壁紙のデザインやインテリアボードの活用など、比較的安価で機能性、快適性を高める方法はたくさんあります。

患者様、利用者様、スタッフが過ごしやすい、働きやすいといった機能性、快適性を備えた環境をつくることは、医院の安定経営に大きく寄与します。