業務内容

木造、鉄筋コンクリート造など戸建て向けの塗り替え

塗装には種類があるの?何回塗るの?色は?デザインは?
ライフサイクルコストを考えたご提案をさせていただきます。

まずはその塗り替え、本当に必要ですか?

当社は、皆様のお手元に「無い」塗装のマニュアル(手引書)です。
過去15年に渡って応用を繰り返し続けて得た「実地から導き出した答え」を知的財産として所有しています。

木造住宅の場合

お家を見てみないと分からないことも多いのですが、木造住宅の場合、大まかですが以下に大別できると思います。

築年数
10年未満

お住まいの外装(色やデザイン)が気に入らないなら塗り替えしましょう。
木造住宅、鉄筋コンクリート造住宅を問わず、新築から10年未満で塗り替えを必要とする 建物はまずありません。色やデザインが気に入らないだけならあと5年くらいは我慢しましょう。

過去に一度だけ築7年のお家を塗装させて頂いたことがあります。
「色が気に入らないから」との事でした。(非常に稀なケースだと思います)
現在の建物、現在の外壁材(塗装で仕上げるケースを除いて)の性能は非常に高く、10年程度で塗装を要する外壁材はほぼありません。

築年数
10~13年未満

ちょっと汚れが目立ってきたかも、ひび割れが気になる・・
汚れの付着は外装材の経年劣化にある程度関係してきますが、現在の建材の性能を侮ってはいけません。
汚れが目立つだけなら自分で掃除するか我慢しましょう。ただ高圧洗浄機で入念に洗浄!だけはやめてください。
外壁材を傷めるだけです。

藻やコケの付着に関しては、外壁材の性能というよりも立地の条件(山に近い、湿気が多い等)に関係する場合が殆どです。美観を損ねるという大きな問題はありますが、汚染物質(汚れ)や藻やコケの付着によって外壁材が劣化することはまずありません。ただこの汚れを家庭用洗浄機などで洗浄することは避けてください。高圧洗浄はケレン(錆落としや劣化塗膜除去などの下地処理)の一種です。高圧で洗浄することで下地の外壁材を傷めてしまいます。

またこの段階での塗装はまだ早いです。外壁材の表面が割れてくるケースもありますが、部分的にシーリング処理を行い、できるだけ塗り替え時期を後に延ばしましょう。

築年数
14~16年未満

台風で雨漏りした!室内がなんとなく湿気ている、カビのにおいもする・・。そろそろ塗り替えしましょう。
雨水が建物に浸入するのは良くない事です。ただ、悪条件が重なると築年数が浅くても雨漏りする場合があります。 建ててもらった建築屋さんにいきなり怒鳴り込んではいけません。まずは原因を検証しましょう。怒鳴り込むのはその後でも遅くありません。

お家の外装を真剣に検討するのはこのあたりからです。

チョーキングとは塗膜の粉化現象です。お家の塗り替えを検討されたことがある方は一度は聞いたことがあると思います。「チョーキングが発生したら塗り替えのサイン」とか間違った認識を持たれている方も非常に多いです。塗膜劣化の初期症状で見られるチョーキングが塗り替えのサインだとしたら5年ごとに塗り替えしないといけなくなりますね。このチョーキングは高品質の塗料(2液型弱溶剤シリコン樹脂塗料程度)でも1~3年程度で発生するケースは多々あります。(メーカーは否定するかもしれませんが)
ただ高品質な塗料を使った場合、劣化の兆候が現れてからそれを維持する期間が驚くほど長い。(ここはメーカーも肯定するでしょう)

安価品で塗装した場合はここから加速度的に劣化が進行します。
皆様の現在のお家の状態は如何でしょうか。

築年数
17~20年未満

外壁材が浮いてきてる気がする・・。目地のコーキングが傷んでいる・・。塗り替えしましょう。
17~20年と書きましたが、築年数が15年を超えると色々なところに劣化の兆候が顕著に現れ始めます。 外壁材の種類によっては早急な修繕が必要な場合もあります。

いよいよここからは塗り替えか、外壁材の張り替えか(屋根瓦なら葺き替え)を真剣に検討する必要があります。 これは現状を見てみないと分かりません。

実際は殆どのお家の塗り替えはそんなに難しくない。一般的な知識だけで十分に対応できるでしょう。ただここからは異なります。

まず前提として皆様に知っておいて頂きたいのが、「外壁材や屋根瓦、鉄板や雨樋も含めて、塗装したからといって強度が上がるわけではない」ということ。塗装はあくまで「現在あるものの延命処置」とお考えください。

中には専用の下塗りを用いることによって下地材に含侵、固着して多少の強度が上がる場合もありますが家が歪めばひび割れもします。この部分は省略します。長くなるので。

築年数が20年を超えるあたりからは専門的な知識が必要になる場合があります。状態を見てみないとアドバイスできません。

築年数
20~25年

塗装で対応するには極めて高い知識と優れた技術が必要となる築年数です。
一般的な塗装では修繕が困難なケースが多く、特殊な塗装方法が必要になります。
ここまでになると弊社までご相談ください。

「塗装での修繕」を検討される方は、是非当社までご一報ください。

お家の塗装を行うに当たって最も大切なことは技術ではありません。知識です。もちろん技術も大切です。知識の次に大切。当然おろそかにできない部分です。

ここからは本当の意味で下地処理と下塗り塗料の重要性が高まります。また塗装だけでは対応できない部分もあります。

築年数
25年以上

外壁は張り替えましょう。屋根瓦は塗装で対応できるかもしれませんが。
塗料を用いた修繕の限界を超えている場合があります。

できれば屋根は葺き替え、外壁は張り替えましょう。

ただ稀に屋根瓦、外壁材、その他付帯物の状態が良い場合もあります。

塗装には限界があります。
ただ当社は過去に劣悪な状態にあるものを何度も「延命」させてきたことがあり、その自信もあります。

「塗装での修繕」を検討される方は、是非当社までご一報ください。

例えば築20年で初めての塗り替えを検討する場合

当社が推奨しているのは2液型シリコン樹脂塗料以上。1液型シリコン樹脂塗料やウレタン樹脂塗料を用いた塗装は行っていません。当然材料が高いので塗装費用もそれなりに必要です。

築20年未満で外壁材の状態が良ければ上記にある2液型シリコン樹脂塗料以上の材料で塗装しましょう。 下地材の状態が劣悪であれば塗装はできません。屋根は葺き替え、外壁は張り替えましょう。

新築時から20年以上、お家のメンテナンス(塗装)をしていない場合は外壁材の張替が望ましいです。

なぜか。

前述した用に塗料というのは基本的に下地材の強度を高めるために用いられるべきではありません。
下地材の強度を高めようとすると、相応のシーラー(下塗り塗料)を用いる必要があります。
下地材の強度を高めるために強度の高いシーラーを1~2回程度塗装する。
強度の高いシーラーを用いなければならない程に劣化した下地材は表面の不陸(凹凸)も激しい。
凹凸があるまま上塗り塗装を行っても綺麗な仕上がりにならないため、シーラー塗装後にフィラーや サフェーサーを塗装する。そして最後に上塗り塗装を行う。
これだけの工程数を必要とする場合、外壁を張り替える事が出来る金額にどんどん近づいて いきます。塗装(塗料)には限界があります。外壁材の張替には絶対に敵いません。

ただ鉄筋コンクリートやALCの場合は別です。(別項参照)

お家の塗り替えは2回目以上

2回目以上の場合は、現在発生している劣化現象の状態によって塗り替えのタイミングが変わってきます。
2回目以上の塗り替えの場合の劣化現象とは主に既存塗膜(旧塗膜)の劣化です。
例えば白い粉が付くチョーキング現象(塗膜の粉化現象)などは塗膜劣化の初期症状です。
「チョーキングの発生は塗り替えのサイン」とか、「厚塗りすると長持ちする」という誤った情報、知識がたくさんあります。

弊社のお客様宅で、塗り替え後3年くらいで少しチョーキングが始まりましたが今でもきれいです。(塗り替え後10年以上経過してますが)

まずは「塗り替えした方がいいですか?」とお尋ねください。 マイホームは殆どの人が一生に一度の大きな買い物のはずです。 高いお金を支払って買ったマイホームだから大事にするは当然のことですが「まだ塗り替えしなくても大丈夫ですよ」ということも少なくありません。

安くて良い仕事(技術)は探せば見つかるかもしれません。
しかし、安くて良い製品(塗料)は絶対に存在しません。
安くて良いものを求めるのは人の願望であり、欲望です。否定はできません。
良い技術を持った職人さんには当然それだけの対価が必要です。
同様に性能の高い塗料は当然価格も高い。
ただ当社が所有する塗料や塗装に関する知的財産はプライスレスです。決して安売りはしません。 当社のお客様には提供いたします。

ライフサイクルコストを考えましょう

あと何年くらい今のお家に住みますか? 20年以上は建て替える予定がないのに、グレードの低い塗料を塗装して7年後にまた塗装しますか? 10年後に建て替える予定なのにグレードの高い塗料を塗装してももったいないだけです。

ライフサイクルコスト比較(ケイミュー株式会社)